Stories

仕事内容とやりがい

人とクルマにストーリーを。

津田 博志
秦 佑至
藤井 雅也
大西 紗恵子
津田 博志
秦 佑至
藤井 雅也
大西 紗恵子
四日市本社店 店長 津田 博志

商品を販売するだけではなく、ライフスタイルの
パートナーとして信頼いただく。

車という商品を販売するのではなく、車を通じたお付き合いのなかでお客様に信頼いただきたい、また地域に必要とされる店舗でありたいと考えています。店舗では車だけでなく、保険や携帯も取り扱っています。お客様のライフスタイルの中で支持いただける存在となれるよう、営業とサービスが一体となって業務を行っています。

お客様とも、部下の店舗スタッフとも、
共に成長していける店舗づくり。

店舗の業務では10代から80代の方まで、男女問わず様々な方とのお付き合いが生まれます。また店長という立場柄、部下を持ち、教えるといった業務もしています。お客様とのお付き合いも部下への教育も、正しい答えがある仕事ではありません。お客様や部下から教わることも多くあります。日々の様々なやりとりの中で、自分自身も成長していける仕事です。

部下のスタッフとは、業務上の相談・指導はもちろんのこと、一緒に自転車を漕いで外回りに同行することもあります。同じ目線で活動し、汗を流すことを心がけています。若いスタッフに休日の遊びに誘われることもあります。プライベートの時間も時には共有し、仕事以外の共通の話題を持つことで、相談しやすい環境作りを行っています。

ネッツノヴェル三重には、若いスタッフが目標を持ち、仕事ができる環境があります。目標達成に当たっては、会社の考えを全員で理解し、全員で取組みを進めることができます。これからも、地域のお客様と共に成長していける店舗を目指します。

お客様とのエピソード

まだ若手の営業スタッフだった頃からずっとお付き合いいただいているお客様がいらっしゃいます。
主任、係長、店長と名刺の役職が変わる時には名刺を渡すのですが、そのたびにとても喜んでいただけるので、はげみになりました。

菰野店 アドバイザー 秦 佑至

販売や提案を通じて自分自身を磨き、お客様とのつながりを深める。
成果が上がれば必ず自分のプラスになる仕事。

営業は車の販売をメイン業務に、その他周辺商品のご提案などを通じて、お客様とのつながりを深めていく業務です。店舗で応対する他ユーザー宅へ訪問したり、電話を通じてお店へのご案内を行うこともあります。様々な業界・業種の方々と接することができるため、知識や考え方等の面で自分自身が自然に磨かれている実感があります。
車をご購入いただく営業は大変と思われがちですが、成果が上がれば必ず自分のプラスになります。私は一番やりがいがある仕事だと考えています。

お客様とのエピソード

他のどこでもない、トヨタの車を購入していただくこと。「あなたがいたから、購入する」というお言葉をいただくこと。まさに、忘れられない体験です。自分を売る仕事だと、心から実感します。

サービス本部 技術トレーナー 藤井 雅也

技術や検定試験、実践作業の教育を行い、
エンジニア一人ひとりにあった指導で、その成長を助ける。

主にエンジニアの技術教育や検定試験の教育、実践作業の教育を行っています。実践教育では三重の各店舗を回って今まで現場で培ってきた経験をエンジニアに伝えます。検定試験の学科指導では、マンツーマンで一緒に考え、確実に理解して次に進めるよう指導しています。その他にも技術支援として、各店舗からの技術相談などを受け、解決につながるように協力しています。

エンジニア一人ひとり、それぞれ考え方や理解の仕方が異なるので、そのエンジニアに合った指導方法や説明を見つけることが大切です。一度で理解してもらえない時でも、他の方法をいくつも考えて説明し、最終的に理解してもらえた時は嬉しいですね。そうやって少しずつエンジニアが成長していく姿を見られることは、大きなやりがいです。

レースへの参加を通じて、新たな知識や技術を学べる機会も。

ネッツノヴェル三重はレースにも参加しています。私は一般車のエンジニアのプロなので、レースのエンジニアのプロとは少しジャンルが異なります。だからレースへの参加によって、レースエンジニアの仕事を間近で見られることは大きな刺激となっています。普段の業務とは異なる現場を経験し、知識・技術を学べることは、自分のスキルアップにつながっています。

お客様とのエピソード

エンジニアをしていたとき、店舗の前の信号でエンストし、エンジンがかからなくなって困っている方がいらっしゃいました。お声がけし、車を手で押して店まで移動させ、お話を伺って応対しました。私はエンジニアとして普通のことをしたつもりでしたが、その方にはとても喜んでいただきました。安心できたというお言葉をいただけて、とても嬉しかったです。車はトヨタの車ではなかったのですが、その後、点検を承ったり、ご指名いただけるようになりました。

高茶屋店 事務スタッフ 大西 紗恵子

「トヨタ」というネームバリューに
負けない、期待以上の応対を。

主に受付カウンターで待機し、お客様がご来店されると「飛び出し応対」をしてお出迎え。点検でご来店される方にはお車の調子を伺い、新車検討で来られた方にはお車の説明を行います。また、受付カウンター業務というと華やかなイメージを持たれやすいのですが、実は縁の下の力持ち。接客応対から事務処理まで仕事内容は幅広く、お店のスムーズな運営を支えます。
お客様が新しい車を選ぶ時、点検をするディーラーを選ぶ時、車が故障した時…、真っ先に思い浮かぶお店がこのお店であってほしい。その思いから店内・スタッフ間の「目配り・気配り・心遣い」を大切に、お客様へは「いつも笑顔で、元気よく」「トヨタというネームバリューに負けない、期待以上の応対を」を心がけています。

お客様とお店をつなぎ、たくさんの
「ありがとう」と信頼を生み出す。

普段の業務では「話をよく聞くこと」を大切にしています。それも、話を一方的に聞くだけでなく、復唱確認をしたり質問を投げかけたり、会話のキャッチボールで信頼関係を築きます。お客様の伝えたい主旨をきちんと理解することが、お客様の期待以上の仕事につながります。そうして生まれるたくさんの「ありがとう」の言葉や、信頼関係を実感できた時がこの仕事で一番やりがいを感じる瞬間ですね。
新人の為の「マナー研修」で学んだテキスト・ノートや、元キャビンアテンダントの講師の方から学んだ「正しい敬語・正しいビジネスマナー・正しい電話応対」は、今でも繰り返し見直して、初心に返るようにしています。店内でも他のスタッフの応対や言葉遣いをよく聴き、素敵な言い回しは真似するなど、スタッフ同士、切磋琢磨しています。

お客様とのエピソード

「明るく元気に笑顔であいさつ」が私のモットーです。
お客様との第一接触である「女性スタッフの飛び出し応対」と、「カウンターでのあいさつ」で店舗の第一印象が決まります。お客様から「大西さんはいつ来ても、元気で気持ちがいいね」「いつも笑顔でいいね」というお言葉を頂けたときは、心の中でガッツポーズをするほど嬉しいです。
「女性スタッフにしかできないこと」「女性だから与えられる印象」を強みと考えて、明るく元気に笑顔でお客様をお迎えしています。